無知・無自覚の罪

仏文学者・桑原武夫(1904~88)の蔵書が無断で廃棄されていたのが発覚しました

桑原蔵書廃棄記事1704
遺族が京都市に寄贈した蔵書1万421冊が市の職員の指示で廃棄(京都新聞4/28より)

蔵書には和漢籍や海外の文献など手に入りにくい貴重な本も含まれていたという
当の職員は、同じ本が図書館にあり問い合わせには目録で対応できると説明している
パソコン、ネットの時代に紙媒体ということで価値が軽んじられてきたものか?
知識、資格、プロ意識のない人が任に就いているように思われて仕方がない

近頃は大臣然り、残念なことです・・・ (*゚ェ゚*)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2287-8d1a5fbc

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント