水墨画で魅せる老絵師

会期終了間際の海北友松(かいほうゆうしょう 1533-1615)の展覧会に行きました

海北友松展京都国立博物館1705
「海北友松」京都国立博物館 5月21日まで開催

海北友松は60歳を過ぎてから頭角を現した絵師で障壁画、屏風絵が遺っています
照明を落とした中での建仁寺や北野天満宮の龍図は迫力があり幻想的です
また水墨画とは趣が変って金箔の地に書かれた花の絵は華やかさがあります
いかにも桃山時代らしい

歳を感じさせない迷いのない筆に感心させられます (。-_-。)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2306-0644ff1d

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント