古い建物への増築は手続きがたいへんです

右京区I邸の増築工事は確認審査会社と何度か打ち合わせを行いました

imasae外観1707
昭和3年築の母屋に離れの増築、古い町並みの残る京都にはよくある例です

昔の建物は現行の法規に合っていなくて図面や書類もないのがほとんどです
登記簿を調べて面積を証明し実測調査して図面をつくります
母屋と一体の増築は構造補強や防火対策の工事が大掛かりで現実的ではありません
母屋に工事が及ばないよう別棟として申請しました

許可が下りてようやく工事にかかれます (〃´o`)=3


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2358-cfb105e5

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント