解体後、構造をチェックしながらの打ち合わせ

文園町の家のリフォームは解体工事がほぼ終わりました

koyokan3解体現場で打合せ1707
内部の仕上げを撤去し構造体が現れ、監督さんと大工さんと打ち合わせします

今回のリフォームでは大きく間取りを変え、天井を高くして小屋を見せます
現況建物の図面がなかったため柱、梁の位置や大きさを現場で改めて確認します
壁の位置の変更があるため柱や梁を撤去できるか補強で対応できるか相談します
多少プランを修正、変更する必要がありそうです

リフォームでは、机上ではなく現場での判断が大切になります (^-^)/


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2367-e2b93767

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント