街の小さな小さな博物館の大きな展示物

京都・中京郵便局は明治35(1902)年竣工、赤レンガと白御影石の洋風建築です

京都中京郵便局外観1708 京都中京郵便局壁面博物館看板1708
三条通、東洞院通の交わる角にある中京郵便局は115歳、現役です

昭和48(1973)年郵政省は旧庁舎を解体して新しく建物を建設する計画でした
保存運動もあり昭和51(1976)年の改築では外壁の一部を残して工事が行われました
取り壊しの危機を乗り越えた中京郵便局は今では三条通りの景観の一部です
壁面博物館とは郵便局内に設けられた旧庁舎についての資料展示のコーナーです

建物自体が大きな展示物です \(^o^)/


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2395-4947b001

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント