西洋と東洋がミックスされた建物

京都岡崎の疎水沿いに変わった屋根の建物があります

有鄰館1709 有鄰館玄関1709
大正15(1926)年、武田五一設計により竣工した民間の美術館・有鄰館です

藤井善助(1873-1946)が収集した中国の美術工芸品を展示、保存しています
エントランスには狛犬が迎えて屋上には中国から移築された八角堂が載っています
四角い箱の建物に和風、中国風がミックスされた建物です

欧州で近代建築を学び和風建築を多く手掛けた武田五一らしい造形です (=゚ω゚)ノ


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2406-32ee65fa

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント