過去の水害を学ぶ

今年は豪雨や台風の被害が多く、まさに今強い台風18号が本州に迫っています

大塚切れ100年パネル展1709 大塚切れ100年パネル展写真1709
ちょうど100年前の災害「大塚切れ」の展示が枚方市役所内で催されています

大正6(1917)年10月1日、台風による連日の大雨で淀川の水位が上昇しました
午前8時40分、大冠村(現在の高槻市大塚町)の堤防が200mにわたって決壊しました
淀川右岸一帯に甚大な被害をもたらしたのが「大塚切れ」です
明治18年、昭和28年の台風13号による大洪水とともに淀川三大洪水といわれています

淀川の恩恵を受けながらも、その脅威についても知らされます (´Д`*)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2419-18a75a8e

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント