京都の花街のひとつを歩く

京都・北野天満宮の東に昔の町並みの名残が見られます

上七軒茶屋1710
上七軒の花街です、正面突き当りに北野天満宮東門の鳥居が見えます

室町時代、北野天満宮再建の際の残材で七軒の茶店を建てたのがその名の由来です
秀吉による北野大茶会の際には各地から多くが集まり賑わいました
現在もお茶屋さんが残り飲食店、和菓子屋、漬物店などが軒を連ねています
舗装や店は整備されきれいになりましたが格子の町並みに往時の面影が感じられます

今未だ祇園ほど観光地化されず静かな雰囲気を楽しめます ( ^ω^ )


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2439-ef14ac9f

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント