リフォーム解体後の現場打ち合わせをする

文園町の家のリフォームは内部の解体をしながら補強をしていきます

kouyoukan4解体1804
解体した段階で現場監督、大工さんと既存の柱、梁の確認します

壁や天井に隠れていたため設計段階でわからなかった構造の再チェックです
腐って取り替えなければならない材はないか補強金物が入っているか調べます
リフォームで間取りを変えるため撤去しなければならない柱、梁もあります
その撤去が可能かどうか調査しながら必要であれば構造補強します

時には設計に変更を加える必要が出てくる大切なチェックです ( ̄^ ̄)ゞ


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2622-00ccca27

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント