京都と大阪を結んだ川

京都高瀬川を三条から上がると、俵を積んだ船が展示してあります

舟入り01
高瀬川上流、二条辺りにある「一之船入」/荷物の上げ下ろしをする船溜所です

高瀬川は、慶長16(1611)年頃、角倉了以(すみのくらりょうい)によって開かれました
この運河によって、京都の中心部に物資を運び入れることができました
京都中心部と伏見、さらに大阪は結ばれることとなり、近世京都の経済発展を支えました
明治以後は、高瀬川は舟運の目的は失いました

材木屋問屋が立ち並んでいたことを示す「木屋町」の町名に、繁栄時の名残があります


ここをポチッと応援 お願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/479-2e014598

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント