ご先祖さんを送りました

京都五山の送り火でお先祖さんを送った翌日、大文字山・東山如意ヶ嶽に登りました

大文字山消し炭拾い1708
「大」の文字を点していた火床が連なります

送り火を焚いた後の松明の炭、消し炭(あるいは「からけし」)をいただいてきます
奉書紙で包んで玄関口に魔除けとして掲げます

京都では五山の送り火が終わるとともに夏の終わりを実感します (。-_-。)


川の水かさが増えているこの夏

今年の夏は、京都も急に短時間に降る豪雨や雷が多くなりました

宇治川1708
宇治に出かけると宇治橋の下を流れる宇治川の水量が増えています

上流の天ヶ瀬ダムからの放流も行われているせいもあってか水量は多く流れも早い
あまり水かさが多いと観光の宇治川の鵜飼いが中止になることもあります
どんよりとした雨雲が西北の空からやってきています

お目当てのスイーツを買って早々に帰りました o(^▽^)o


亡き人を思うお盆会

兄家族とご先祖様のお墓参りに滋賀県甲賀市・水口に出かけました

善福寺法然上人像1708
快晴の蒸し暑い善福寺境内におわすは浄土宗の開祖・法然上人です

永六輔さんは亡き妻に旅先から手紙を送っていたと言います
この世からいなくなっても心の中で思われている限り人はまだ生きています
墓石の前で亡き親族に日々の報告と浄土を思って手を合わせます

なんまいだ~、なんまいだ~、なまいだ~、・・・ ( ̄人 ̄) i~


吉をもたらすお客さん来る

今実家の玄関の軒を訪問者に貸しています

真島家ツバメの巣1708
表札の上に器用に巣をつくって親が餌を運んできます

床には糞や親が運んできた虫が散らばっていますが仕方ないか・・・
ツバメの巣は家にとって縁起がいいと聞いたことがあります

ヒナたちが無事旅立つまでしばらく見守ります (o‘∀‘o)*:◦♪


京都の土用の丑の日の祭

京都の土用の丑の日は下鴨神社で御手洗(みたらし)祭で涼を得ます

下鴨神社みたらし祭1707
みたらし池に足を付けてひんやり、無病息災を祈ってご燈明を供えます

足つけ神事ともいわれ足から暑さを冷まします
池から上がって御神水をいただきます

日中の暑さを忘れさわやかな気分になります ´´(;´ρ`A)


大音量の目覚まし

1週間ほど前から朝早くからセミの大合唱に起こされています

網戸にセミ1707
カーテンを開けるとわざわざ窓まで来ているのが1匹います

早起きになったのはいいけどお昼ご飯食べるとちょっと眠い

猛暑日が続く京都もいよいよ梅雨明けかな  ΣΣΣΣ°w°


友人から旬の便り

淡路島の友人から玉ねぎが届きました

川原から淡路島玉ねぎ1707
年中野菜売り場に並んでいますが種類によって旬があるらしい

普段連絡はあまりしていないですが夏だけお互いの無事を知らせています

今年も元気に、いただきま~す ∠( ^ o ^ ┐)┐


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント