神さんの前では罪や穢れが払われます

去年の大晦日は東大阪の石切神社へお参りに行きました

石切劔箭神社大祓式1701
夏越の大祓から年末までの罪や穢れを祓い除ける神事、年越大祓式が行われています

本殿正面に設けられた大きな茅の輪を神職に続いてくぐり抜けます
その年の罪や穢れを祓い清め、清々しく新年を迎えます

年が変わるとリセットされ新たなスタートが始まります (」*´∇`)」


元旦~初日の出を拝む

少し曇り空の明け方、御陵さんへの坂道を汗をかきながら上っていきます

御陵さんの初日の出1701
すでに多くの人が待っている中、雲が切れ山の間から朝日が昇ってきます

今年は正月の朝とは思えない暖かな京都伏見でした

新たな1年の始まりに心引き締まる思いです \(^o^)/


穏やかな1年に

あけましておめでとうございます

新年酉年1701
ヨーロッパではコウノトリが住む家は幸せが訪れるという

世界全ての人に幸せが届けられますように

今年もよろしくお願いします m(_ _)m


年末の餅つき

先日、一緒に仕事をしている会社の年末の餅つきに参加しました

IFA餅つき大会1612
IFA住宅設計室の倉庫がこの日餅つき会場になりました

今までお世話になったお客さんを招いてのイベントです
かつて住宅を設計したお施主さんともお会いでき話すことができました
IFAさんとは8、9年の付き合いになるけど地元のお客さんも多くなりました
お施主さんと打合わせの後、一緒にお酒とつきたてのお餅をいただきました

年末はやっぱり餅つき・・・日本人っていいなあ (」*´∇`)」


京都人は丸大根を食べます

12月7日、8日は京都では大根が多く食べられています

千本釈迦堂大根だき1612千本釈迦堂大根だき丸大根1612
冬の風物詩、千本釈迦堂 大報恩寺の大根(だいこ)だき/大きな釜で炊かれています

梵字を書いた大根がお揚げさんと炊かれて参拝者に振る舞われます
お釈迦様のさとりを開かれた日を祝うこの日に悪魔除けとして始まりました
今では無病息災を願って食べる毎年の恒例行事になっています

京都で大根といえば丸大根の聖護院大根、煮物に合うのです (^_^)


季節を感じる窓の外

いつも座っている仕事部屋の窓から季節の変化が分かります

窓から見える紅葉1611
2階の窓から大きな木の葉っぱが見下ろせます

ついこの前まで目に眩しい緑色をしていた葉っぱが徐々に色づいていきます
1つの木の中に見るグラデーション
緑から黄、黄から赤茶、そうして地面に落ちていく

センチメンタルな気分になってしまう季節です (*´I `*)


京都の観光シーズン近づく

秋の紅葉シーズンの京都は雑誌で特集が組まれたり一段と多くの観光客が訪れます

東福寺通天橋1611
京都の紅葉のスポットの一つ、東福寺通天橋はそろそろ色づき始めています

朝方の急激な寒さは冬の到来を感じ、短い秋の感があります
この寒暖の差がさらに葉っぱを赤くさせ四季のある日本ならではの自然美をつくります
国交省によると10月30日、訪日外国人旅行客が2千万人を超えたというがピンとこない
2013年に1千万人の大台を突破したと聞くとその伸びが大きいのが分かります

これからの季節、京都の街なかはさらに混雑するなぁ・・・ (*´ェ`*)


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント