水墨画で魅せる老絵師

会期終了間際の海北友松(かいほうゆうしょう 1533-1615)の展覧会に行きました

海北友松展京都国立博物館1705
「海北友松」京都国立博物館 5月21日まで開催

海北友松は60歳を過ぎてから頭角を現した絵師で障壁画、屏風絵が遺っています
照明を落とした中での建仁寺や北野天満宮の龍図は迫力があり幻想的です
また水墨画とは趣が変って金箔の地に書かれた花の絵は華やかさがあります
いかにも桃山時代らしい

歳を感じさせない迷いのない筆に感心させられます (。-_-。)


深緑の中の散歩道

家の近所の御陵さんを歩きました

桃山御陵道1705
緑眩しい新芽の香がむせかえる参道を歩くには気持ちのいい季節です

健康診断では適度の有酸素運動が必要と言われることが多い今日この頃です
張り切って運動し出すと雨が降って3日坊主になることも多い・・・

初めから全開で行かないようあまり無理をせずに ,,,,,,ヽ(;^0^)/


悲情城市~台湾を知る

以前台湾の観光地・九份を訪れた際、有名な台湾映画のロケ地だと知りました

悲情城市1705
「悲情城市」(1989) 第二次大戦終結後日本統治から解放された台湾を描きます

日本の支配から中国復帰へ自由と開放の夢にかけて生きる一家族の物語です
新しい台湾を夢見ますが話す言葉さえ違う外省人との争いに巻き込まれます
1947年ヤミ煙草に端を発する2・28事件で本省人は中国から弾圧を受け対立します
歴史に翻弄される家族はそのまま台湾の姿と言えます

事件からちょうど70年、現在の中国・台湾情勢の原点があります (。-_-。)


郵便物は家の中で受け取りたい

平代町の長屋リフォームでは郵便受け口を玄関脇に設けています

hiradainagayaポスト口1705
玄関扉の内と外/外にポスト口、内に扉付きの受け口を設置しています

ポスト口から入れられた郵便物は外に出ずに内側から取り出せるようにしています
雨の日や寒い日に外に出ずに済みます

パジャマ姿でもスッピンでももちろん大丈夫です! v( ^ω^ )v


バルコニーに卯だつ壁を設置する

平代町の長屋リフォームでは2階バルコニーから光と風を入れます

hiradainagayaバルコニーうだつ界壁1705
道路側は光と風を取り入れつつ外部からの視線を遮るため格子を設けます

屋内ではお隣とは遮音、防火の目的で界壁を設けています
外部にも同じように防火サイディング張りの間仕切り壁を設置します
お互いのプライバシーを守る目的でもあり防火の役割があります

古い民家の 卯だつ のようなものです (・Д・)ノ


追憶 × 超ひらパー兄さん

「海賊とよばれた男」以来の超ひらパー兄さんの最新セルフパロディポスターです

追憶*ひらパー1705
京阪電車駅構内の「追憶」の広告ポスター

追憶→ついおく→さておき→それはさておきひらパー かな???
シリアスな役どころが多い岡田さんも地元関西ではお茶目です

主演映画が公開されるたび、ひらパーのポスターが気になります (-∀-)


長屋における耐震壁と玄関の位置

平代町の長屋リフォームでは1階正面は窓は設けず壁にしています

hiradainagaya玄関アプローチ1705
玄関は新たに設けたアプローチ路地を入った場所にあります

長屋は間口が狭く耐震上の壁が足りていないことが多いです
正面を壁にすることで間口方向の耐震壁を確保します
アプローチ路地は暗くならないよう、明るい色で仕上げています
夜間のためにセンサー付きのライトを設けています

外部から隠れた細長いポーチは防犯性も高いです (^∇^)ノ


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント